中性脂肪を減らすには

中性脂肪を減らすには様々な方法があります。その中でもかんたんに成果の出る方法を紹介していきます。

中性脂肪を減らすには 》 中性脂肪を減らすには

中性脂肪を減らすには様々な方法があります。その中でもかんたんに成果の出る方法を紹介していきます。

中性脂肪を減らすための食事は、手作りを心掛けるようにすると良いでしょう。 出来合いのお惣菜の場合、おいしさを追求するために、油分を多く使用していたり、塩分を多く使用している事が多く、その分ご飯が進んでしまう事がありますから、できるだけ手作りを取り入れましょう。 中性脂肪を減らすための、OK食材と、NG食材を知る事だけでも、中性脂肪の値を減少させることができます。 中性脂肪が増えやすいとされている食材としては、ご飯や麺、パンなどの炭水化物、ジャガイモや、さつまいも、くり、ニンジンや玉ねぎ、ゴボウ、果物そして、砂糖やはちみつ、みりんやソース、ドレッシングなどもNGとなります。逆に摂取しても、中性脂肪になりにくいとされている食材としては、肉類全般、魚類、卵やチーズ、葉物野菜やキノコ類、海藻類、ブロッコリーやカリフラワー、果物の場合には、イチゴやゆず、調味料では、塩や醤油、お酢などは、OK食材となります。 調理法によっても、中性脂肪が増えやすくなってしまう場合があり、揚げ物や、油をたっぷりしいてソテーにするなどは、あまりお勧めできません。中性脂肪がつきにくいとされている肉類であっても、しゃぶしゃぶなど、油分を落とすことで、中性脂肪がつきにくい状態にすることができますから、レタスやキャベツの千切りなどの上に、しゃぶしゃぶをのせて食べるような場合には、中性脂肪がつきにくいレシピとなります。しゃぶしゃぶの場合には、ごまだれではなく、ポン酢を利用する事がポイントとなります。
中性脂肪を減らすためには、毎日の生活習慣を見直してみましょう。 中性脂肪が溜まりやすい人の場合、生活に乱れが起きているような場合や、運動不足となっている事が多いとされています。テレビのリモコンをいつでも手元に置き、全く動かないような生活を送っていると、中性脂肪はたまる一方となってしまいますから、注意しましょう。 中性脂肪が溜まりやすい人の場合、早食いである人が非常に多いとされています。食事をする時には、良く噛むことで、脳に刺激を与える事ができ、満足感を得る事が出来るとされていますから、ゆっくりと何度も噛むようにする事だけでも、中性脂肪を減らすことができるとされています。その他にも、毎日の睡眠時間を一定にするようにし、生活にリズムを取り入れる事だけでも、中性脂肪を減らすために効果的であると言われています。生活にリズムができる様になると、体本来の動きがスムーズに行われるようになり、朝起き、朝日を浴びたら、内臓や脳などが活発に動くようになり、その分代謝を上げる事ができ、エネルギー量を増やすことができるとされているのです。 食事の時間がいつもばらばら三食きっちりと食べる事や、食事の時間はいつでも同じ時間帯に摂取するようにする事も大切です。になってしまう人は非常に多いとされていますが、食べたり食べなかったりすることで、体が次にエネルギーがいつ入ってくるかわからないため、蓄積しておこうと判断してしまい、中性脂肪が溜まりやすい体となってしまいますから、注意が必要となります。
中性脂肪を減らすための運動としては、有酸素運動がお勧めです。 口から摂取したエネルギーを全て消費し、体に蓄積された脂肪分をエネルギーとして変える事ができるのは、有酸素運動として、20分以上の運動を取り入れた時となりますから、20分を超えた有酸素運動を取り入れる事で、皮下脂肪を燃焼させることが可能となります。 有酸素運動としてお勧めなのは、ウォーキングとなりますが、最近では、ヨガやピラティス、ホットヨガなどもお勧めです。プールを利用して有酸素運動を取り入れる場合、20分以上継続して泳ぐことは非常にハードな運動となってしまいますから、水中ウォーキングや、アクアビクスなどを取り入れてみると良いでしょう。 長く運動すれば良いわけではなく、20分以上、1時間程度までの運動とする事が、最も中性脂肪を減らすために効果的であるとされています。運動を長い時間継続し過ぎてしまう事で、疲労が溜まってしまったり、逆に代謝を悪くしてしまう事がありますから、運動は1時間までとするようにしましょう。 運動を苦手と感じるような人の場合には、踏み台を利用して、上り下りをするだけの方法もありますし、ストレッチを取り入れる事だけでも、中性脂肪を減らすためには効果的です。ストレッチのみの場合には、中性脂肪を一気に減らすことはできませんが、徐々に代謝を上げる事が可能となりますから、長い目で見て、毎日ストレッチを継続してみると良いでしょう。